体力を維持するために運動を1つ取り入れた

いえいえ、決してダイエットの為ではありませんよ。ええ。

歳を重ねると体力が落ちていく

そうなのですよ。歳をとっていくと、体力が落ちていくのですね。
いえいえ、知識としてはもちろん知っていたんだけど、実感すると改めて感心するものです。

環境の変化

仕事をお休みして、普段は家にいるようになったのです。
毎日の通勤がなくなったり、外回りでの歩きがなくなったり、まーいろいろと大きく環境が変わったのですよ。
仕事のノルマとかに追われなくなった穏やかな生活(とまでは言えないけど)を手に入れて久しいのです。
ある時、鏡に映った自分を見てなんとなく思ったのだ。

筋肉が落ちた?

気のせいといえば気のせい。でも、なんだか最近力が出なくなったというか、重いものを持つのが楽じゃなくなったというか、こういうとなんだか高齢者になったような感じだけど、ちがうから。高齢者じゃないから。

運動を取り入れてみよう

きっかけはどうあれ、ちょっと先行きが心配になったわたしは、運動をすることにしたのです。
といっても、ジムとか通えるワケじゃないので、自宅で出来る運動を何か考えようと思いました。

思いついたのが、踏み台昇降とダンベル。
なんでかっていうと、通勤や外回りでの歩きがなくなった分を補おうと思ったからなのと、踏み台昇降してる間に、暇な上半身をついでに鍛えようと思ったから。

踏み台昇降って、なにか乗り降りするものが必要なんだけど、そんな都合のいいものは階段くらいしかなかった。
階段に向かって踏み台昇降はちょっと・・・・・。で、楽天市場で踏み台昇降用の段ボールを買った。ダンベルも持ってなかったから1kgのを買った。

届いたものから始めていったよ。
タイマーつけて、1!2!3!4!1!2!3!4!
登って降りて、登って降りて。

これで失った筋肉も見事に復活です!

途中で挫折した

いやー、あまりにもありきたりな結末で、自分でもがっかりです。
こう、「じゃぁ今から踏み台昇降するか!」っていう勢いがなくなったら、途端にさぼる様になってしまった。
今では、物置になってる踏む昇降の段ボールと、ほこりをかぶってるダンベルが寂しそうです。

生活の中に取り込めないか

これじゃいけない!
敗因は、新しく運動を始めたからだと思うんです。なので、それをさぼったら自動的にしなくなる。
理想としては、普段の生活でしていることに抱き合わせてしまえることだと思います。

なんていうか、思いつかないけど、通勤でいうと別の駅に変更するとか。買い物を遠くの店に変更するとか。
そう。新しく始めるんじゃなくて、今している事を別の事に変更する。
これが必要なんじゃないかと思うんです。

がんばります

なんとかいいアイデアを考えて、踏み台昇降とダンベルを復活させたいなー。(じ)