夏バテになったら食欲が落ちて体重が減るからラッキー?

今年は梅雨明けが例年よりも早く、とても暑い夏になると言われています。

気温や湿度が高くなると体調を崩しやすくなり、いつもより食事量が減ってしまったり、体がだるくなってしまう、いわゆる「夏バテ」になってしまう方も多いです。

そこで今回は、夏バテ対策を紹介したいと思います♪

夏バテの原因

夏バテの原因は、自律神経の乱れと言われています。
自律神経とは、心臓の動きや体温調節、血圧など身体をコントロールしている神経のことです。

夏バテ対策のポイント

夏バテに良いとされているのは、以下の3つのポイントになります。

水分補給、塩分補給をしっかりと

汗をかくと水分と塩分が大量に減ってしまいます。
水分補給と塩分補給をこまめに行わないと、夏バテだけでなく熱中症になってしまう可能性があるもあります。
高齢者の方や子供はとくになやすいので注意が必要です!

対策としては、喉が渇いたと感じる前に水分補給をしましょう。
喉が渇いた状態はすでに脱水症状になっています。
同時に塩分もとれるように、スポーツドリンクなどを飲むのもいいでしょう。

眠りの質を上げる

疲れがたまっていると、夏バテになりやすくなります。
疲れをとるには質の良い睡眠をとることが大切です。
節約のためといってクーラーや扇風機を切らずに、快適な温度を保ってください。
快適な温度にするにはだいたい室温を28℃にするとよいとされています。

適度な運動

人は発汗で温度調整をしているため、汗ばむ程度の運動をして汗をかきやすくするのも夏バテ予防になります。
汗をかいた後は必ず水分補給を忘れないようにしましょう。

比較的温度が低い朝や夕方に30分程度ウォーキングやジョギングをするのがおすすめです。

夏バテ予防の食べ物

夏はそうめんなど、簡単に食べられるものを食べたくなりますが、そうすると栄養が偏り、夏バテになってしまいます。

タンパク質やミネラル、ビタミンを積極的にとるようにしてください。
夏野菜がたくさん入ったカレーなどを食べるのもいいですね♪

また、冷たいものばかり食べていたら体が冷えて胃で働く酸素の動きが堕ちて胃腸機能が低下していきます。そうすると食欲が落ち、体力維持に必要なエネルギーや栄養が不足しがちになるので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

夏バテになったら食欲が落ちて体重が減るからラッキー♪なんて思っていましたが、しっかり食べたり水分補給をしないと、夏バテだけでなく熱中症になったり、脱水症状になったりするなんて怖いですね。

しかも、夏バテで痩せても秋には美味しいものがたくさんあってリバウンドしてしまう…というのが目に見えているので、今年はしっかり食べて、適度に運動をして夏バテ対策をきちんときたいと思います!
皆さんも一緒に頑張りましょう!

(文:はる夏)