視力回復が期待できる!この栄養素を摂取しよう「ビタミンA」

あなたは最近、眼が疲れがちですね。わかります。疲れるんですよねー、眼って。
無理もない話ですよ。右を向いても左を向いても身の回りは画面だらけ。

スマホにタブレットにパソコンにテレビにゲーム機に・・・・ほら。画面だらけ。

しかも一つ一つがバックライトを搭載していて、画面が色鮮やかで綺麗な代わりに眼に強い光を撃ち込んでくる。
そりゃ疲れますよ。眼だってね。

切っても切れない画面との生活

そう。だからといって、それらの画面を見ずにいられるかというと、なかなかそうはいかないのです。
そもそも、情報のほとんどが視覚情報なのです。人間が得る情報の8割は眼から得られるといわれています。
なんという過酷な労働環境なのでしょう。私の眼。
眼に生まれないでよかったです。

だけど、そんな他人事ではいられないのが、自分の眼。
なんとか補給物資を送り込んで、眼精疲労を取り除き、視力を回復させないといけません。

そう。そんなときに一助となるのが

栄養素

です。

栄養素?なにそれ。なんて言わないでくださいよ。あるじゃないですか。ビタミンCとか。あーいうのです。
目薬とか日々の食事、またはサプリメントでそれらの栄養素を補給してあげてください。
そうすることで、眼が回復し、引いては視力の低下の抑止、視力回復が期待できます。

それでは、具体的にどんな栄養素を補給したらいいのか。今回はその1つを紹介しましょう。

ビタミンA

効能は、ムチン層(涙の一部)の生成に働きかけるものです。また、涙を生み出す際に大事な働きをする粘膜の形成や修復を助けます。

ビタミンAが豊富に含まれる食べ物は、あんこうの肝・うなぎ・牛肉などのレバー・豚・鶏です。

ビタミンA (Vitamin A) とは、レチノール(Retinol、ビタミンAアルコールとも呼ばれる)、レチナール(Retinal、ビタミンAアルデヒドとも)、レチノイン酸(Retinoic Acid、ビタミンA酸とも)(これらをビタミンA1と呼ぶ)およびこれらの3-デヒドロ体(ビタミンA2と呼ぶ)と、その誘導体の総称で、ビタミンの中の脂溶性ビタミンに分類される。化学的にはレチノイドと呼ばれる。狭義にはレチノールのみを指してビタミンAと呼ぶこともある。ビタミンAは動物にのみに見られる。なお、β-カロテンなど、動物体内においてビタミンAに変換されるものを総称してプロビタミンAと呼ぶ。プロビタミンAは動植物ともに見られる。栄養素のひとつ。

トレチノイン、アダパレン、タザロテン(英語版)、またイソトレチノインはアメリカでニキビの治療などに承認された医薬品である(日本ではすべてではない)。

継続は力なり

いかがでしたか?
一つ注意してほしいのが、一時的に栄養素を補給すればそれでOKってわけではないのです。
あなたが毎日ごはんを食べてもお腹がすく様に、眼への栄養素も与え続けなければいけません。
じゃなければ、眼精疲労が続き、また視力低下が始まるでしょう。
そんなことでは、視力回復は夢のまた夢です。

継続する唯一の方法は「習慣化」することです。
ごはんを食べ忘れる人はいないでしょう。習慣化しているからです。
それを同じように、眼への栄養補給も習慣化してしまいましょう。

それが成功すれば、あとは時間が解決してくれます。
じわじわと眼精疲労は軽減されていき、視力も少しづつ回復していくでしょう。

大事なのは習慣化。
ぜひそれを忘れないでくださいね。[じ]